介助の仕事をすこし離れて、パン屋で働いているのですが(どうして?wと聞かれるのだけど、わからないので聞かれても困る)、その仕事を学習していく仕方が違うのが面白い。

 介助は、体調・天気・気分など様々な要因によって、双方の応対が変化してしまう。こちらが体調が悪いとぐるぐる走り回るのはむずかしいし、昨日誰かとケンカしたのが尾を引いていれば、テンションは低く考え込んでいる。ただ、人の抱え方とか体位交換とか固定された工程もある。このジャンルで専門家と名乗ることができるとすれば、その固定化された範囲について、より詳しく知っている人ということになる。

 介助に関しては、限定された範囲を持たない部分が倫理の問題と直結しやすい。以前にブログで書いたけど、学習過程において範囲が限定されないことは、当人の「配慮のなさ」として酌み取られる場合もある。たとえば、関係さえできてくれば、ちょっとしたミスなら「あ〜まちがえた〜」といじってくれる場合もあるし、「まあ次頼むね〜」くらいで済んだりする。一方で、「人間としてクソだから」と捉えられる場合もある。今のところ言われたことはないけれど。

 わたしがしていた介助の仕事では、その日あったことをつらつらと書き留めて、その報告を全員が読めるようにしていた。わたしは、「慣れないのでむずかしいです、まちがえるとくよくよします」と情動の変化についてかなり詳細に記述するようにしていた。限定されない部分について、ネガティブに捉えられると厄介なので避けたかった(悪意はないよアピール)。相手がどのように感じているのか、不安なのか、楽しかったのか、それを伝えることは行為に文脈を作ることのような気がしている。たとえば、ミスをしたときに、単純に事実だけとれば、失敗して、思っていない結果が生じたことになる。だけど、その後反省しているのか、申し訳ないと思っているのか、あんまり気にしていないのか、その人の語りの中で捉えることは、単純な失敗で終わらず、時間の幅をもって受け止めることができる気がする。

 パン屋は、何をするべきかが極めて固定化されているので、こうはいかない。客の出入りによって量的な変化はあれど、基本的に作業工程は決められている。だから、失敗は失敗以外の何ものでもない。さらに、その人がどうして間違えてしまったのか、そのことをどう捉えているのかについて語る機会は極めて少ない。だから、失敗が続くと、「こいつは使えねーな」で終わってしまう。

 わたしがゆるゆると介助を続けているのは、仕事が作業的でなく、ともすれば「使えねーなー」になってしまう状況をめちゃくちゃ肯定したいからなのだろうと思いましたよ。使えないものたちのなかに何があるのか、決められたものからはみ出てしまうものといかに付き合っていくのかを考えることこそが面白いのだろうと思う。こういうのを相対化するために、パン屋やりはじめた気もするね。