クズである理由

仕事や人間関係が続かない理由は、つんでる行動原理を採用していることがわかってきた。トラウマ(機能しなくなった前提)を破壊しないと、死ぬなと思う。どちらかいうとさっさと死にたいですが……。

 

これまでの行動原理

わたしはフレームを確定させることが苦手だから、手っ取り早く、身近な人をフレームにしていた。しかし、身近な人を行動原理にするということは、現実的には不可能。

なぜなら、①その人がどう思っているかは想像するしかなく、絶対にズレが生じるから。②自分がそのことをできない場合があるから。

今まで、これらを考慮に入れていなかったので、①が起きたときは自分のフレーム自体が歪んで動けなくなったし、②のときは自罰的になったり、鬱になったりした。

最もヤバかったときは、自分のキャパや倫理を超えて、想像でしかない<身近な人=行動原理>に従い、それは”自発的に”行ったことであるというアイヒマン状態に陥った。

 

どうやら、人が行動するときには、感情とか意志みたいなものが伴うとされるらしい。

重要なのは、<身近な人=行動原理>は相手を慮ってやっているわけではなく、徹頭徹尾、自分のためでしかない。自分が動くためのプログラムでしかないので、必ずしも感情・意志みたいなものが伴っていない場合がある。というよりは、身近な人に問題が生じていること自体に対しては感情みたいなものが発生するとしても、それを対処するための行動にはそれがない感じ(厳密には無感情とかありえないが、わかりやすくするために、こういう構造ということにしておこう)。

具体的にあった例としては、好きでもない人と付き合ったときとか。別れ話をしたときに逆ギレされたのが当時はよくわからなかったが、今となっては、わたしはひどいやつだ。

こんな感じで、時間が経つにつれ、①②が発生して、関係が破綻することがある。例に挙げた通り、これまではこういう原理で動いているということに無自覚だったので、「なんで」怒られるのかわからなかった。ただ、相手は怒っているから私が悪いんだろうと漠然と思っていた。タチが悪い。

 

アイヒマンにならないためにはどうすればいいのか。

 

⑴わたしは自己中でバカで、全部自分のためにしかやっていないということを自覚する

⑵誰かのためにやっているみたいな優しい人では決してない、今までたくさんの人を傷つけてきた、それを反省しないといけない

⑶そのために、自分のできることをやって、できないところは調整していく必要がある

⑷自分のためだとするなら、なんのためにやるかを、誰かのためとかに逃げないできちんと考える

 

はい。はー。

 

たぶん、もう一つの問題

上の文章を書いたのは、二週間くらい前なんだけど、⑷が一番ネックであることがわかってきた。

先日、「”自発的に”やってください」と言われて、瞬発的に「ムリだ!」と思ってしまった。

「自分の意志で」「自発的に」何かをしてくださいというお題は、したいこと・欲望・快楽みたいなものが自分にとって明確であることが前提になっている。わたしは、その欲望みたいなものが言語化できない(単純にいえば趣味がないし、楽しいことってよくわからない)から、できないことをやれといわれてるように受け取り、「むりだ〜」って思った。

でも、普段から意識にのぼらないなかで何かはしている。読書はその一つのような気がする。自分の能力は限界を感じていて、それを補うために本を読んでいる。食う、寝るもそうだ。

ただ、生理的欲求以外は、「〜しなければならない」からしていて、「〜したい」からしている感覚がない。わたしのなかには、「〜しなければならない」って言い続けるガンバルゾさんと、「むりだ〜やりたくない〜」って言ってるくずくずがいるんだけど、その対立が激しくなったときに鬱になる。ガンバルゾさんVSくずくずは、先の行動原理のときとも似ている。とにかく、ガンバルゾさんが非常に厄介。

 

「ユウ太は人生と向き合うために、小森に戻ってきたのだろう。

   わたしは逃げて小森にやってきた」(映画『リトルフォレスト』)

 

わたしは市子だ。たぶんいつか、本当に限られた人としかアクセスしないで生活する状況に身を置くんだろうと思う。甘ったれて、こういう考えが生まれるから、そうならないようにする。

今誰かといられる間に、もう少し、快楽の技法を覚えたい。それが鈍いから、<身近な人=行動原理>になって破滅するんだと思う。でもそんなこと十年言ってきたけど、ようわからんよ。快楽と欲望ってなん。この点だけは、考えたところでよくわからん。

ただ、『中動態の世界』を引くまでもなく、明確に言語化された強靭な意志があるから動いているというわけではない。ガンバルゾさんVSくずくずは、能動-受動の二項関係に無理やり落とし込んだときに生じる問題だろう。ただ、そうだとわかったところで、しんどさが変わらない。

 

んまあ、暇なのかな……そんな気もしてきた。

 

この前、身近な人を殺す夢を見た。「うわあ、したくねえ」と思えてよかった。それ以来、ちょっと優しくできるようになった。わたしができることは、みんなのくずくずを大事に守ることだけだと思ってる。くずくずは殺しちゃいけない。

ほんま、こういう有象無象を病気にできたらどんだけ楽かと思うけど、何の救いにもならない。舞城〜。