牛すじ

 今日、同居人が仕事帰りにドミニオンを買ってきたので、牛すじカレーを食べてからそれをプレイすることになった。その牛すじはわたしが昼間煮込んでおいたのだけど、柔らかくなるにはレシピ以上に時間が必要だったようで、噛み切れないくらい固かった。カレーの鍋から肉だけ取り出し、別の鍋で、煮込み用に残しておいた半分と一緒に茹でながら、ゲームを始める。

 途中、同居人は疲れたのか休憩を入れたくなったようで、おもむろに鍋を見に行った。だいぶ柔らかくなった肉をつまみぐいしながら、半分はカレーに戻し、残りの半分を煮込みにするために、わたしは包丁を出してデカい塊をぶつ切りにした。

「もっと小さく切ってよ!」

「ほう、こんくらい?」

「いやもっと、貸して、こんくらいでしょ」

「あーわかったー」

「ていうか、それ明日やればいいでしょ」

「おー……そうなの?(どうせ明日やるなら今やればよくね?)」

「どうせ明日いろいろ入れるんだから明日でいいよ」

「そうかー(納得した)。じゃあ今切る必要なかったね」

「うん、なんで切り始めたのかなって思ったよ」

 とまあこんなやりとりがあった。ふだんは柔らかい話し方をするので、ピシーッとした言い方にお疲れなんだなーと思っていた。

 ゲームを終えてタバコを吸っていたときに、唐突に「さっきごめん」と切り出される。「いやいや」と応える。先日同居人が友人と飯を食ったときに、一緒に住んでるとケンカになることもあるだろうと話をしていたそうだ。私たちはケンカをするよりは話し合いになることがほとんどだ。ゲームをしているときは例外で、たまにどっちかが泣く。友人に「ケンカがないなんて、相手が我慢してるだけだー」と言われたそうだが、実際そうでもない。

 ケンカが少ないのは、お互いにそういうことを切り出しにくい性格であることもあるし、相手のことはわからないと思っていることもあるし、怒ったところで伝えたいことが伝わらないと思っているし、理由はいろいろだと思う。そして、ケンカがないわけではなく、話し合いがもたれることはケンカに近いものだと思う。

 お互いにお互いが、状況によっては我慢してしまうことを知っているので、頻繁に「言いたいことあったら言ってくれ」と言い合う。そう言い合わないと、表面的にケンカ的発言(怒りのポーズ)は出ていないが、本当になんとも思っていないのか、はたまた本当は我慢しているのか、判断できないからだ。

 そして、わたしは「言いたいことあったら言ってくれよ」と伝える/伝えられるときに、いつももんやりとした気持ちになる。衝突が起きたわけではないが、それが衝突でありえる潜在性が常に秘められているからだ。今回は、「言いたいことがある」状況は現実には存在しないが、その発言によって、互いの日々のやりとりには「言いたいことがあるのに我慢している」ことが潜在していることを思い起こさせるからだろう。「言いたいことあったら言ってくれ」は、私たちの関係性を維持させるための言葉であると同時に、私たちの関係性が変化しうる潜在性を浮き彫りにするものでもある。