おろおろと悩み続けること

この二週間くらい、「あ〜もう死にてえ」と思う機会が減ってきた。それまではもっと頻繁に、深く、死ぬしかないなあに溺れていた感じがする。去年仕事を辞めたときは、生きる屍のようにウテナを見て、ゲロを吐いていたが、突然ぽっくりと「仕事するかあ」と…

彼は、最近お風呂で髪を洗われることがいやで、全力で泣いて抵抗してくるそうだ。トイレもいや、歯磨きもいや。災害用の水を使わないシャンプーを彼が寝ている間にしている。おむつもパンパンになるまで、とりあえず放っている。歯磨きは……まあ生え変わるし…

人は脆い。 ある場所で何人かで作っていた制作物の進行が滞っていた。そこに参加している人は「契約」して集まったのではないので、組織だったものからは程遠い。同人みたいなものだ。リードしてきた人が批判を受けるのは真っ当だとして、その人をぶっ壊す土…

20160204

先月末、映画を観るために突発的に京都に行き、上演時間までふらふら鴨川付近を歩いていたら、小さい子供が「そんなことしたら、わたしもう」とお父さんに言った声が耳に入ってきて驚いた。子供でもこんな言い回しを使うのかと思う一方で、一体お父さんはど…

20151108「イケメン×2.5――境界、まなざし、在/不在」で感じた、ひとりごと

ユリイカ2014年9月増刊号「特集 イケメン・スタディーズ」、同誌2015年4月増刊号「特集 2.5次元」の二冊がきっかけとなって、筒井晴香さんが中心となって主催されたUTCPの企画です。詳しい内容は、そのうち、UTCPのブログで公開されるとのお話でしたので、そ…